上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
080910_0714~0001
最近はやりの生キャラメル。
なかなか手に入りにくいらしく、ネットで高値で売られてたりします。
そんなときちょこちょこ遊びに行かせてもらっているブログで手作りキャラメルが紹介されてました。
“生キャメル”で検索するとレシピが出てくるというので早速作ってみることに。砂糖やはちみつ、コンデンスミルク・バターはうちにあったので、水あめと生クリームを買い足しました。
作り方は・・・。
生クリーム以外の材料を弱火にかけ焦がさないようにまぜ、キャラメル色になったら温めた生クリームを混ぜて冷やし、カットしてワックスペーパーなどでくるんで出来上がり♪
冷やすとき冷凍庫でしっかり冷やさないとカットする時きれいにできない~(T_T)わたしはせっかちにナイフを入れてしまったので仕上がりがいまいち。でも、常温でやわらかくなって一つ一つくるんでく作業で変形するので気にしなくて大丈夫だけど。
煮詰め具合や材料の割合とかで仕上がりのやわらかさとかが違うみたいで柔らかめだと包む作業が結構大変。やわらかくなりすぎたらまた冷やしなおしたり。。。

味は・・・。
ま、本物がどんなだかわからないので何とも言えませんが(*^_^*)子供たちにはすこぶる評判が良いです♪長女いわく「飽きない味」だそう。なんか知ってる味だな~と思ったらちょっと前に流行ったミルクジャムに似てるかな~。コンデンスミルクを無糖のものにすると甘さが抑えられます。コーヒーや紅茶に入れてもおいしいって書いてあったけどバターの風味が個人的には×でした。

12×15センチぐらいのバットで作って32個できた~♪買うよりはやっぱり断然安上がりですね(^^)v
スポンサーサイト
080906_2029~0001
結構こまめにチェックする雑誌のひとつ“天然生活”
あまりかわいらしすぎず、地味すぎず程よい感じが好きです。お値段も他のインテリア雑誌なんかと比べてお手頃だし。気になる特集があったりすると時々買います。
今回は古本屋で100円で売ってるのを見つけて買いました。まだパラッとしか読んでません。

080906_2028~0001
もう1冊一緒に買ったのがこちらの料理の本。
レシピ本もやっぱり雰囲気のある表紙とかに惹かれます。
といってもこちらの本中身もなかなか充実していて肉・魚をメインにしたしっかりおかずや小鉢料理などが紹介されてます。
昔は調理関係の仕事をしていたのもかかわらず、毎日の事となると献立考えるのも作るのも結構大変で、ついつい簡単に作れるものを選んでしまいます、しかもワンパターンだし(T_T)たまには本でも見ながら作ってみるかと思い立ってこの本を買ったのでした。

いくつか作ってみましたが。。。
へ~と思ったのがメンチかつ。
私普通に玉ねぎ炒めてミンチと混ぜて作るものと思ってましたが、こちらのレシピは粗みじんの玉ねぎ(生)とミンチと調味料を混ぜちゃうんです。(普通そんなもの?)でポイントなのが種の中にバターを細かくちぎって混ぜ込むこと。スコーン作るのとちょっと似てる。揚げてる間にバターが溶けて風味よくジューシーに仕上がるらしい。玉ねぎも程よく火が入っていい感じでした。ソースも中濃ソースとケチャップ・粒マスタードを混ぜるだけの簡単仕様だけどおいしかった♪

いつも気になっていたんだけど、地味に衣つける作業が苦手。今回も若干失敗気味。たくさん作るのが面倒でついつい大きめに作ってやりづらくなってしまいます。またリベンジしなくちゃな~。。。
080618_2217~0001

お友達(勝手に思ってます)ブログほんわか*ふわふわdiaryのさわこさんから教わったさくさくほろほろ系のスノーボールクッキー。ほんとのほんとに“超”がつくほどカンタン!!
しかも材料は「バター・砂糖・小麦粉」のみ(最後にまぶす粉砂糖が必要)。まさに好みのタイプだわ(*^_^*)

藤野陶器市で買った井山さんの器に入れてみました♪

080618_2224~0001

最近MUJIの“ブールドネージュ”ってお菓子がおいしくてひそかにハマっていたのだけど、似たような感じに作れちゃいました♪

今回はうちにあるもので作りたかったので基本の材料で試してみたけど、アーモンドプードルなんか入れてみるといいかもな~。このままでも十分素朴系でおいしいですけどね♪
あとは、粉砂糖を溶けないタイプのものにするとなおいいと思われます~。

作ってみたいなぁと思ったら・・・

【続きを読む】

080408_1619~0001

以前にどこかのブログで紹介されていてず~っと作ってみたかったもの。
3分でできるレアチーズ。っていっても材料にチーズは入ってないんだけど。

生クリーム 200cc
練乳     150cc
レモン汁   大さじ2(果汁タイプで売ってるものが便利)

元々の材料はこれ↑↑

1.  生クリームに練乳を混ぜる(泡立てるのでなく切るように)
2.  レモン汁を少しずつ加え、もったりと重みが出たら器に入れて冷蔵庫で冷やす
    (下にビスケットを砕いて敷き詰めるとなお良いかも)

でもこれで作ると甘いって書いてあったし、練乳はイチゴにかけて食べるのに少し使っちゃってあったのでたぶん130ccくらいで作ったかなぁ。レモンは少し多めにしました♪
これってカッテージチーズができるのと同じ原理で固まるんだろうけど、ほんとにあっという間にできちゃって、チーズ風デザートとしてはなかなかおいしい!!!(子供なら確実にダマせる(*^_^*))味の加減は好みで変えられるし、クリームチーズを使ってないから生クリームを植物性のものにすれば、材料費も安いし・・・。(生クリームが植物性だとさっぱり、動物性だとコクのあるタイプになるらしい)
試しに作ってみる価値はあるかも~♪

080408_2012~0001

ちょうど家族4人分作れた~。量的にもピッタリ♪

080324_2221~0001 080324_2221~0002 080324_2224~0001

春休みに入り立て続けにお友達の家におよばれしたので、お菓子いろいろ作ってみました。お菓子作りは、ハマるとしばらく作り続け(しかも同じもの(*^_^*))それに飽きるとピタッとやらなくなってしまう傾向にあります。
今回作ったのは、型抜きクッキー・チョコチップクッキー・ベイクドチーズケーキです。(ほんとはマドレーヌも作ったけど、ビミョーに失敗(T_T))

型抜きクッキーはなんども作ったことがあるけど、今回は初めてカルピスバターを使ってみました。焼いてるときもなんとなく香りが違うような・・・?味も若干奥深いような・・・??。わたしの味覚はあんまり当てにはならないですけど、気の持ちようでおいしい気がすりゃまぁいいか(*^_^*)

実はわたし子どもとお菓子づくりって好きじゃないんです・・・理由はもちろんひとりで作った方が楽だから(*^_^*)型抜きも「あんまし真ん中じゃなくって端っこの方から効率よく(効率っていってもわからないし)抜いてって」と言ったかとおもえば「端っこすぎると厚みが均等じゃない(均等っていってもわからないし)からもうちょっと内側を抜いて」と言ってみたり。
子供たち「じゃあどうすりゃいいんだよ!!」ってなもんですよ。。。

作ってくうちにちょこっとずつみんなにおすそ分けしようと思い立ち、それには数が足りないのでチョコチップクッキーを作ることにしたんですが、こっちの方がぜんぜん作るの楽だった(T_T)スプーンですくって落としてけばいいだけだからね~♪

チーズケーキも材料をガーッと混ぜてダーッと型に流しいれ、あとは焼くだけ。
型がなかったから牛乳パックを使ったら不格好になってしまった。。。

080325_0855~0001


で、ちょこっとラッピングして配り歩きました(*^_^*)
チョコチップクッキーのチョコレートってなんでダラーッと溶けないの???親子3人の素朴なギモン(*^_^*)
080122_1910~0001

前からやってみたかったシリーズ(?)
土鍋ご飯に続きせいろで蒸し料理。
これは水菜ともやしを下に敷いて、豚肉を蒸したもの。

080210_1036~0001

せいろは千葉にお店がある藤倉商店のものをネットで頼み、鍋は近所のホームセンターでAKAOのものを買いました。
両方18cmサイズ。この鍋どこにでも売っていそうで以外に置いてないんですね。特にこの小さめサイズ、見つけるのに苦労しました。

せいろは杉でできていて、留めの部分は桜の皮で編んであります。
特に蒸してる最中は木の香りがとてもいいです♪。

レンジや炊飯器だとあまり気に留めないけど、昔ながらの道具を使ってると出来あがるまでの音とか香りとか、味覚そのもの以外の感覚が加味されてより一層おいしく感じるような気がします。

小さいサイズなので、単品料理向き。
じゃがいもやさつまいも・かぼちゃなどただ蒸したものにバターや塩をつけて食べるだけなのに、子どもたちにも割と好評。ふかしただけのおじゃがとかって給食でも出るらしいですね。

結構便利なのでもっと大きいサイズが実用的で良さそうだけど、
見た目のかわいさと、収納スペース的なことを考えたらこのサイズになりました。

080119_0958~0001

前からちょっとやってみたかった土鍋で炊くごはん。
土鍋もいろいろあってどれにするか迷いましたが、様子見にホームセンターでお手頃価格のものを購入。米を30分ほど浸水し、中火にかけ吹き上がってきたらやや弱火にし12・3分。火を止めて15~20分蒸らして出来上がり。

080119_0959~0001      080119_1007~0001

4合炊き用で1.5合を炊いてみたけど、問題なし。おこげもできた~♪
(このあと3合で炊いたら、やっぱり鍋の大きさに見合った分を炊く方が安定している感じはあったけど)子供たちもおこげがお気に入り。ただの塩むすびもおいしく感じます。

初めての挑戦の割には成功かな?
たぶん炊飯器は使わないって気負っても無理だから(*^_^*)気分によって使い分けることにします。

普段はせいぜい2合くらいしか炊かないので、最初は2合用を買おうと思ってたんですけど(ちっちゃくてかわいかったし)炊き込みご飯とかも作ってみたくてこのサイズになりました。

お値段的に考えると耐久性が心配ですけどね~(*^_^*)
080117_0941~0001

ゆずと言えば・・・。高校生の時にアルバイトしていたお蕎麦屋はあったかいおそばに香り付けに爪の先ほどのゆずの皮を最後に乗せていたんです。
お客さんに運ぼうとした途中で気がついて厨房に戻り、
「ゴミが浮いてるんですけど・・・。」
店主「・・・???」
そう、若いころの私にとってゆずなんてそれくらいどうでも良いものでした(*^_^*)
でも今は大好きです。人の好みは歳とともに変わっていくんですね~♪

友人はゆずハチミツを毎年作るそうで、先日お宅でいただきました。
今まで自分で作ろうという発想がなかったのですが、ちょうどふろふき大根に使った残りがあったので、早速作ってみました。

お湯で割ったり紅茶に入れたり、そのままお茶受けにしてもいいです~。
今度ははちみつジンジャーを作る予定♪
071122_2033~0001.jpg

いつかのごはん。
またまた木の葉のおさらが登場です。

夕方子供たちが「おなかすいた~」と言うので、ハンバーグ種をこねこね。
いざ焼く段階になり
「ハンバーグにチーズをのせる人~♪」
「・・・・・ZZZ」

寝てんじゃん!!(T_T)

しばらく待ってみたものの一向に起きる気配がなく
お腹がすいたので、むなしくひとりで食べました。

ま、例によってたいした内容ではないですが・・・(*^_^*)。
子供たちもおさらひとつにまとめると、普段は手を伸ばさないおかずも
なんとなく食べちゃってたりします♪

なにより洗い物が少なくて済むのが嬉しいしね~。


071023_1914~0001.jpg
忙しかったり疲れてたり面倒だったり・・・(*^_^*)などなどの理由から外食や出来合いのお惣菜が多くなる時があります。そんなときはやっぱりこんな感じの日本食を体が欲している気がします。この木の葉型の大皿はお友達のおうちで見せてもらってすぐ、お店で発見したので買ってみました。
今回のメニューはサバの塩焼き・厚焼き玉子・モロヘイヤのお浸し・イカと大根の煮物・ひじきの煮つけ(なんだかんだ言ってもこれはおべんと用に買ったパックもの(*^_^*))・豚汁・ご飯。
一つ一つは特に手の込んだ料理ではなくてもこうやって器が変わるとおいしそうな気がしてきます。
と、そこで問題発生!!普段使っているご飯茶椀がどうにも間抜けなものだったのです。たぶん100円ショップかなんかで買ったであろうクマ柄のもの。それがコレ↓↓↓

071029_2038~0001.jpg
いつ買ったのかも全く覚えてないけれど、割れもしないのでとりあえず使い続けていました(*^_^*)

画像に残すため、ちょっと大きめの湯のみにご飯をよそってみましたが、やっぱりちゃんとしたご飯茶わんが欲しいなぁと思いはじめひとつ購入しました♪

071029_2037~0001.jpg
ちょっと和テイストなカフェオレボウルみたいな器です。

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。